オラクルマスターとは

世界で高い評価を受けるオラクル製品に関して、
その技術力を認定する制度がオラクルマスターです。
オラクルマスターには、データベース運用、管理者向けのトラックと、
アプリケーション開発者向けのトラックが用意されています。
データベース運用、管理者向けのトラックでは、その技術や知識に基づいて、
シルバー・ゴールド・プラチナの三段階にランク分けされています。
当然つんちゃんが持っているのは一番しょぼいシルバーです。
同じ会社の人でSilverに落ちたけど凄くお仕事ができるSteeler(スチーラー)の人がいっぱいいます。
こういう人達に役にたてるページになったら何気に嬉しいと思うこの頃です。

※Steeler(スチーラー)はつんちゃんの造語で、Silver一歩手前という意味です。




アイテックのWebサイトでは、通信講座、通学講座、Web講座など
情報処理資格取得のための各種受験対策講座の提供だけでなく、
試験対策に必要な各種ダウンロードサービスや試験制度概要などの
情報提供を行っています。


オラクルマスターの種類

ORACLE MASTER Silver
Oracleデータベース技術者の入門レベルの認定資格です。つんちゃんもゲットしました。(o^^o)
ORACLE MASTER Gold Oracleデータベースの基本的な運用・管理が行え、ユーザーへの指導ができる技術者を認定します。
ORACLE MASTER Platinum Oracleデータベースの構築にあたり、運用面の適切なアドバイスができ、効率的な運用・管理・指導の出来る技術者を認定します。本資格の取得と同時にOracle Certified Professional(OCP)として世界的に認定されます。
ORACLE MASTER E-Developer Oracle Developerによる基本的な業務アプリケーションを開発できる技術者を認定します。
Oracle Certified Developer Developerによるアプリケーション開発を的確に行える技術者を認定します。同時にOracle Certified Professional(OCP)として世界的に認定されます。
ORACLE MASTER Linux+ Linuxオペレーティングシステム上でOracleデータベース・システムを構築することができる技術者を認定します。





Member Of バナー広告.com